HOME > スタッフブログ

スタッフブログ

CHRISTMAS EVENT

早いもので、あと1ヶ月でクリスマスになります。xmas
皆様はどのような年末をご計画していますでしょうか?
EMUSICAでは毎年恒例のクリスマスディナーコースをはじめ、生演奏を楽しみながらのビュッフェスタイルのパーティー、ランチタイムでのクリスマスランチコース、
多忙な方々への1週間前から予約なし!時間設定なし!のプチクリスマスディナーコースと様々なクリスマスイベントをご用意しております。restaurant
どのタイミングでご来店してもクリスマスを楽しめるので是非EMUSICAへご来店ください!
各イベントのご案内をいたします~
EMUSICA CHRISTMAS DINNER COURSE
 日時:12月22日(土)~24日(月) PM18:30同時スタート
 料金:お一人様¥7,200-(22日のみ¥6,500-)
 人数:各日20名様
 料理:Aperitivo スパークリングワインorノンアルコールカクテル
     Antipasto Misto ホタテのムース パートで包んだフリット
               合鴨と葱のテリーヌ 生姜のソース
               フォアグラの入ったカネーデルリ ゴルゴンゾーラチーズソース
     Minestra ホワイトアスパラと蕪のポタージュ カリカリパンチェッタのせ
     Pasta ベビーロブスターと魚介ミンチのラグークリームソースキングサーモンパストラミのせ
         ほうれん草を練りこんだ手打ちタリオリーニ
    Pesce スカンピのグリルとそのクリームコロッケ 鱈のセモリナ粉フリット
    Granite フレーズのグラニテ
    Carne イベリコ豚ロースのグリル シャンピニオンのラグーソース
    Dolce メランザーネ・アッラ・ショコラータ
    Caffe o Te コーヒーor紅茶
 ※要予約
013.JPG
EMUSICA CHRISTMAS PARTY
 日時:12月25日(火) PM18:30~(途中参加も可能)
 料金:お一人様¥4,500-(小学生未満は¥1,500- 3歳未満は無料)
 人数:20~30名様
 料理:FREE FOODS MENU
    ・EMUSICA風サラダバー
    ・チキンのポルペッティーニ
    ・フリットミスト
    ・キッシュロレーヌ
    ・魚介たっぷりのペスカトーレ
    ・マルゲリータピッツァ
    ・ジャガイモニョッキのゴルゴンゾーラクリーム
    ・ナスのラザニアグラタン
    ・チキンと野菜のトマト煮
    ・プチドルチェミスト
    etc...

    FREE DRINKS MENU
   ・アサヒスーパードライ
   ・イタリアワイン(白・赤)
   ・カクテル
   ・ノンアルコールカクテル
   ・ソフトドリンク
  クラリネットによるアンサンブルの生演奏を聴きながらビュッフェ形式で愉しんでいただくパーティーです。notes
 ※要予約
CHRISTMAS LUNCH COURSE
 日時:12月23日(日)~25日(火) 時間はAM11:00~PM14:00の間いつでもOK
 料金:お一人様¥2,500-
 料理:前菜盛り合わせ、スープ、パスタ、魚料理もしくは肉料理、デザート、コーヒーor紅茶
     (料理の内容は当日のメニューにて)
 ※予約なしでも当日ご来店でご注文できます。
PUTIT CHRISTMAS DINNER COURSE
 日時:12月15日(土)~21日(金) ※17日(月)は定休日となります。 時間はPM17:30~PM21:00の間いつでもOK
 料金:お一人様¥4,500-
 料理:前菜盛り合わせ、スープ、パスタ、魚料理、肉料理、デザート、コーヒーor紅茶
     (料理の内容は当日のメニューにて)
 ※予約なしでも当日ご来店でご注文できます。
=席数に限りがございますのでお早目にご予約下さいませ。=
 

新メニュー試作中!

こんにちはsign05
最近ブログの内容が文面だけの情報で申し訳ないと思いながら過ごしておりました。
もっともっとお店の変貌ぶりをお知らせしないといけないのにうまく時間が取れなくて...

去年からの猛暑対策で様々な試みなどを初夏ごろからはじめていました。
と同時に節電対策など今問題となっている環境をうまく配慮していかなければとささやかながら
取り組んでいます。

それに当店も経年変化に伴い店舗の塗装や細かい部分での修復・改良など仕事に対してもより
効率よくするための配備もしていっています。(気付かれにくい程度ではありますが...)

もう8月も終わろうとしております。
10月からの秋冬版メニューを考えておりますが、今回は私の独断で決めるものではなく、スタッフの意見
をたくさん取り入れ、さらにお客様のリアルな声に対応する形でシステムなどの見直しも行っております。
新しい試みでさらにご満足いただけるようなお店づくりを目指しますsign03
ちょっと堅いお話から入りましたが、今回は早い段階からメニューの試作を始めておりますので、
ちょっとずつ紹介していきたいと思います~

まずはdown
冷製パスタ1.jpg
揚げナスとフレッシュモッツァレラのポモドーリ 冷製フェッディリーニ
真夏日に登場させていましたが、ブログでなかなかご紹介できませんでしたcoldsweats01
ワインビネガーを効かせたトマトソースとバジルソースが食欲を引き立ててくれますsign03
ナスとモッツァレラチーズとトマトはイタリア定番食材。色合いに大葉をトッピング。
ディナータイムで販売中~

長芋ペペ.jpg
シャキシャキ長芋とヤリイカのペペロンチーノ
10月からの新メニューとして試作した一品です。
ずっと前から使ってみたかった長芋をペペロンチーノの具材でアレンジしました。
ペペロンチーノ自体も自分の初期のレシピに忠実なものに仕上げてあります。
おすすめですsign03

きんぴら.jpg
牛肉とごぼうとレンコンのきんぴら風味
このメニューも10月からの試作パスタです。
以前もきんぴらパスタをやっていましたが、食材にこだわりました。
やはりごぼうやレンコンは触感が命ですので、水煮を使わずにその場でさばいて調理します。
やっぱり食べていて楽しくなるような食べごたえです。
日本人ならホッとする温かみのあるパスタです~

タラコミート.jpg
たらこ和えパスタのミートソースがけ パルミジャーノ風味
ぱっと見た感じは普通のミートソースに見えますが、実はその下のパスタはたらこが和えてあるのです。
今回のミートソースは、実は上がけするのは初めてなんですsign03
というのも、このイメージは喫茶店やファミレスで出されるミートソースの印象が強く、
またパスタ自体にソースの味が絡みづらいという欠点から、煮込んで出す方法をとっています。
しかし、今回パスタ自体にたらこが和えてあるため、パスタ単体で食べてもやや塩気を感じる
味わいになっています。
また、今まではお子様向けにやや甘めな味付けでしたが、少し甘さを控えてあり、大人の味覚に
合わせてあります。
お客様が自由に味の濃淡をブレンドして調整することが出来ます。happy01

といった具合に着実に新しいパスタが考案されていますので、ぜひお試しくださいnote

また近々新作パスタをご紹介いたしますmoon3

 


9月のイベントのご案内

WINE(ワイン) BEGINNER(ビギナー) SEMINAR(セミナー)

9月15日(土) PM15:30~PM17:30   

【テーマ】「ワインの保存について 瓶やコルク、ワインセラー」

【参加費】3,500円    

【参加人数】10名様前後

【内容】年12回でワインを知るという内容です。ワイン初心者の方や、これからワインを飲んでみたい方、ワインは好きだけど知識を増やしたい方などに向けてのワイン基礎講座です。

数種類のワインをブラインドでテイスティングしながら、ワインを味わい、ワインの特性や産地、造り方などを勉強していきます。

食事はありませんが、チーズとパンをお付けします。

 

WINE(ワイン) PROFESSIONAL(プロフェッショナル) SEMINAR(セミナー)

9月28日(金) PM19:00PM22:00

【テーマ】「至高ブルゴーニュワイン  シャンベルタン」

【参加費】6,500円 

【参加人数】10~15名

【内容】各回にテーマを持たせ、ワインの更なる検証や実験などをして、未だ気付いていないワインの魅力を発見していきます。また、世界各国のワイン、普段飲む機会のない特殊なタイプのワイン、一度は味わいたい高価なワインなどワイン通ならではのテーマで勉強しながらワインを愉しむセミナーです。

  ワインに合わせた料理などもお出しいたします。

 

透明水彩画教室

9月10日(月)、24日(月) AM10:00PM12:00

【参加費】1,800円

【講師】鈴木 多技子 先生

 

鉛筆スケッチ画教室

9月11日(火) PM15:00PM17:00

【参加費】1,500円

【講師】片桐 幸行 先生

 

毎月20日はワインの日

当店のどんなワインのボトルでもグラスでも通常価格の5%OFF!!

しかもEMUSICA WINE FRIENDSの会員の方ならボトルのみさらに5%OFF!!!

EMUSICA WINE FRIENDS会員募集中!その場ですぐに特典利用可能です。


今月のイベントのご案内

ユージン・スペシャル・ライブ

8月31日(金) 開場PM17:30~ 演奏19:00~   

【チャージ料】1,000円    ※料理、飲み物は別料金です。

【参加人数】20名様前後

【内容】3月15日に第1回目のライブをやりましたが、溢れんばかりの大盛況という事で、この度第2回目のライブとなります。シンガーソングライターとしてのプロの歌唱力とギターで邦・洋楽の歌謡曲をカバー。

懐かしいメロディーからヒットソングなど幅広く披露していただけます、当日は特別メニューをご用意します。

WINE(ワイン) BEGINNER(ビギナー) SEMINAR(セミナー)

8月18日(土) PM15:30~PM17:30   

【テーマ】「ワインの甘辛度について 味わいの表現」

【参加費】3,500円    

【参加人数】10名様前後

【内容】年12回でワインを知るという内容です。ワイン初心者の方や、これからワインを飲んでみたい方、ワインは好きだけど知識を増やしたい方などに向けてのワイン基礎講座です。

数種類のワインをブラインドでテイスティングしながら、ワインを味わい、ワインの特性や産地、造り方などを勉強していきます。食事はありませんが、チーズとパンをお付けします。

EMUSICA(エムジカ) WINE(ワイン)CHEESE(チーズ) RARE(レア) CLUB(クラブ)

8月27日(月) PM19:00PM22:00

 【参加費】2,000円 

 【参加人数】希望者の限りです。(制限は今のところありませんが最低4名からで開催します。)

 【条件】参加者お一人様につき3,000円以内のワインを1本ご持参ください。銘柄、タイプは問いません。

      ※ワインの状態(澱があるもの、適正温度でないもの)や当日持ち込めない方は事前にお預かりいたします。

 【内容】ワイン愛好家達で集うワインの飲み会です。EMUSICAの定休日に行いますので、お店を使って

たくさんのワイン好きの方と交流したいという会です。誰でもお気軽に参加ください。

透明水彩画教室                   鉛筆スケッチ画教室

8月6日(月)、27日(月) AM10:00PM12:00        8月7日(火)、21日(火) PM15:00PM17:00

【参加費】1,800円                                【参加費】1,500円

【講師】鈴木 多技子 先生                         【講師】片桐 幸行 先生

 

毎月20日はワインの日

当店のどんなワインのボトルでもグラスでも通常価格の5%OFF!!

しかもEMUSICA WINE FRIENDSの会員の方ならボトルのみさらに5%OFF!!!

EMUSICA WINE FRIENDS会員募集中!その場ですぐに特典利用可能です。


7月のイベントのご案内

SEASONAL CHEESEを楽しむ教室

7月14日(土) PM15:30PM17:30

【参加費】3,500円  

【参加人数】10名様前後

【内容】季節に応じて旬のある世界各国のナチュラルチーズを味わいながら勉強する会です。

    チーズに合う飲み物や、チーズを使った料理など幅広くチーズを楽しむチーズファンのための教室です。

 ワインは出しませんので、アルコールが飲めない方でもお気軽に参加できます。

 

WINE BEGINNER SEMINAR

7月21日(土) PM15:30~PM17:30   

【参加費】3,500円    

【参加人数】10名様前後

【内容】年12回でワインを知るという内容です。ワイン初心者の方や、これからワインを飲んでみたい方、ワインは好きだけど知識を増やしたい方などに向けてのワイン基礎講座です。

数種類のワインをブラインドでテイスティングしながら、ワインを味わい、ワインの特性や産地、造り方などを勉強していきます。

食事はありませんが、チーズとパンをお付けします。

【テーマ】「ワインのアロマについて 香りの表現」

 

WINE PROFESSIONAL SEMINAR

 7月27日(金) PM19:00PM22:00

【参加費】6,500円    

【参加人数】10名様前後

【内容】各回にテーマを持たせ、ワインの更なる検証や実験などをして、未だ気付いていないワインの魅力を発見していきます。また、世界各国のワイン、普段飲む機会のない特殊なタイプのワイン、一度は味わいたい高価なワインなどワイン通ならではのテーマで勉強しながらワインを愉しむセミナーです。

  ワインに合わせた料理などもお出しいたします。

【テーマ】「モンラッシェの魅惑 ピュリニーとシャサ-ニュの比較」

 

■スパークリングフェア 7月中)

スパークリングワインをはじめ、ビールや発泡性飲料をスペシャルメニューにした7月限定のフェアです!

 

■アイスクリームフェア (平日のみ)

7月中でアイスクリームのご注文をいただきますと、同じ価格で3種類のアイスクリームの盛り合わせに

出来ます。  ※通常は同一種類2個で1人前です。

 

透明水彩画教室                  

7月9日(月)、23日(月) AM10:00PM12:00        

【参加費】1,800円                              

【講師】鈴木 多技子 先生                       

 

鉛筆スケッチ画教室

月10日(火)、24日(日) PM15:00PM17:00

【参加費】1,500円

【講師】片桐 幸行 先生

 


今月のイベントのご案内

WINE(ワイン) BEGINNER(ビギナー) SEMINAR(セミナー)

6月16日(土) PM15:30~PM17:30   

【テーマ】「魅惑な色のロゼワイン 魅惑な泡のスパークリングワイン」

【参加費】3,500円    

【参加人数】10名様前後

【内容】年12回でワインを知るという内容です。ワイン初心者の方や、これからワインを飲んでみたい方、ワインは好きだけど知識を増やしたい方などに向けてのワイン基礎講座です。

数種類のワインをブラインドでテイスティングしながら、ワインを味わい、ワインの特性や産地、造り方などを勉強していきます。食事はありませんが、チーズとパンをお付けします。

EMUSICA(エムジカ) WINE(ワイン)CHEESE(チーズ) RARE(レア) CLUB(クラブ)

6月25日(月) PM19:00PM22:00

 【参加費】2,000円 

 【参加人数】希望者の限りです。(制限は今のところありませんが最低4名からで開催します。)

 【条件】参加者お一人様につき3,000円以内のワインを1本ご持参ください。銘柄、タイプは問いません。

      ※ワインの状態(澱があるもの、適正温度でないもの)や当日持ち込めない方は事前にお預かりいたします。

 【内容】ワイン愛好家達で集うワインの飲み会です。EMUSICAの定休日に行いますので、お店を使って

たくさんのワイン好きの方と交流したいという会です。誰でもお気軽に参加ください。

特殊なワインや家にある開けられないワインを是非この場に持ち込んで、皆さんで楽しく味わいましょう!

簡単なおつまみとチーズをご用意いたします。

透明水彩画教室

6月4日(月)、11日(月)、25日(月)AM10:00PM12:00

【参加費】1,800円

【講師】鈴木 多技子 先生

鉛筆スケッチ画教室

6月26日(火) PM15:00PM17:00

【参加費】1,500円

【講師】片桐 幸行 先生

毎月20日はワインの日

毎月20日はワインサービスデーです。(定休日の場合は翌日)

当店のどんなワインのボトルでもグラスでも通常価格の5%OFF!!

しかもEMUSICA WINE FRIENDSの会員の方ならボトルのみさらに5%OFF!!!

EMUSICA WINE FRIENDS会員募集中!

その場ですぐに特典利用可能です。


WINE&CHEESE RARE CLUB@4.23

こんにちはaquarius
なかなか手がつかなかったブログを久しぶりに書こうかなpencil

では、先月の月曜日に開催したRARE CLUBの内容をお伝えいたします。
今回は9名様が集まり、今まで以上に活気があり、楽しいワイン会となりました。

今回のワインなラインナップですdown
クワトロ・サクラ・ブリュット・ロゼ クロ・モンブラン CAVA
      クワトロ・サクラ.jpg
初めはやはりスパークリングワインです!
きれいなピンク色をしていて季節にもぴったりでした。
天候も素晴らしかったので、非常にのど越しも爽やかで飲みやすかったです!
お花見などのシチュエーションにぴったりですねcherryblossom
スペインを代表するスパークリングワインですが、ロゼということもあり、使用品種が珍しく
トレパ80%、ピノノワール15%、ガルナッチャ3%、モナストレル2%と4種のブレンドで構成
されています。

エーデルワイン 月のセレナーデ
月のセレナーデ.jpg
岩手県花巻市の甘口白ワインです。震災復興支援ワインのラベルが貼られています。
あれから1年経ちましたが、復興はどれくらい進んでいるのでしょうか...
このような意気込みを見ると頑張っているんだというのを再確認いたします。
ワインの味わいは優しい甘さでスタートにはピッタリなワインでした。
リースリング・リオンを使っていますのでドイツのような繊細な香りと甘みが素晴らしいでした。

ヤラ・リッジ ソーヴィニョン・ブラン'03
ヤラリッジ.jpg
オーストラリアのヴィクトリア州のヤラ・ヴァレーから作られる辛口で爽快なソーヴィニョン・ブランです。
ソーヴィニョンらしい青々とした香り、まさに春の香りと思わせる印象と輪郭のある味わい、余韻に少し
苦味を感じさせる軽めな食事のパートナーにあうワインです。魚介類の料理にもピッタリですfish

レ・ヴィーニュ・ディ・ザモ コッリ・オリエンターリ・デル・フリウーリ
 ロサッツォ リボッラ・ジャッラ'10
リボッラジャッラ.jpg
北イタリアにある、フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州の土着品種であるリボッラ・ジャッラという珍しいワインです。
味わい的には酸がきついので、ほかのブドウ品種とブレンドして使うことが多く、多品種には無い酸を補うために使われていた品種だそうです。
しかし、醸造技術の進歩などで単一としてワインの原料に扱われるようになりました。
量が少ないので、やや希少度が高いせいか値段も少し上目設定なのでしょうか?
味わい的には、言われるほどの強い酸はなくしっかりとした味わいが感じられました。
色は黄色にやや近く、年号が若いことからブドウからついた色なのかなと感じました。

ドメーヌ シュルンベルジュ テールザルダス'08
テールダルザス.jpg
フランスのアルザス地方の白ワイン。アルザスはフランスの中でも冷涼な産地でドイツに似たワインを
多く作っていますが、これもその味わいに近いです。
ボトルに品種は書かれておらず、一見リースリングではない雰囲気が感じられ、アロマはゲヴェルツトラミネールの香りが感じられました。ピノ・グリのような味わいも感じられたので、気になって調べたところ
ピノ・ブラン50%、リースリング28%、ピノ・グリ16%、ゲヴェルツトラミネール6%というブレンドでした。日本向けに生産したワインということです。

ウィスパリング・ツリー メルロー'08
ウィスパリングツリー.jpg
このブランドワインはアメリカのワシントン州にあるコロンビア・ヴァレーで造られています。
シラーやカベルネも評価が高く、侮れない産地です。
口当たりが非常になめらかで、すいすい口に吸いこまれていくような飲みやすさで、赤ワインに抵抗感を持っている人にはぜひお勧めしたい1本ですsign01
料理と合わせなくてもそのまま飲めますし、チーズには比較的どのタイプでもエスコートしてくれそうです。家などで構えなくても飲める身近なワインでした。渋みが抑えられていたので、日本人の口には合うのではないかと思いました。

ムートン・カデ・ルージュ 80周年記念ラベル'09
ムートン・カデ.jpg
 あのムートンロートシルトでご存知のデイリーカテゴライズなワインブランドのムートン・カデの創立80周年を記念して造られたラベルの赤ワインです。当時のデザインを復刻したらしいのですが、もちろん当時のラベルを見たことがないのでわかりません。最近のラベルは羊のイラストが描かれています。
品種はメルロー65%、カベルネ・ソービニョン20%、カベルネ・フラン15%のブレンドです。
まろやかな舌触りにしっかりとしたボディが印象的でした。料理と合わせなくても飲める感じです。

シャトー酒折 甲州'99LONG MATURATION IN BARREL
011.jpg
これはちょっと驚きのワインでした。甲州と書いてあるので白ワインのつもりで開けようと思ったのですが、ボトルの形状や何やら熟成のことが書かれているので、よく見てみるとアルコール度数が17%と書かれていました。
これはおそらくヴァンドゥーナチュレだと思い、最後に回したのですが、開けてみてびっくりsign03
その味わいはシェリーそのものでした。ということで、残糖がなく辛口であったので、ヴァンドゥーナチュレではありませんでした。
これは気になると思い、生産もとで調べたら甲州を樽で寝かせたらどうなるのかというものでした。
「12年、フレンチオークの樽の中で一度も外気に触れることなく熟成を重ねたワインは、自然の中で水分だけが蒸発し、成分が凝縮し、アルコール分も17%まで上昇し、甘味果実酒となりました。」
珍しいワインがあるものだと、このワイン会の醍醐味をうれしく思いました。

スイスワイナリー 赤い宝石箱 氷結仕込'07コンコードプレミアムキュベ
012.jpg
最後の締めはデザートワインです。今回はスパークリングワインからデザートワインまでとバランスよく飲むことが出来ました!
こちらは長野県安曇野市にあるスイス村ワイナリーのロゼ氷結ワインです。
コンコード種から作られる甘口タイプで、アイスワインではなく氷結ワインというのがポイントです。
日本では天然でブドウが凍ることがないので、摘み取ったブドウを機械でわざわざ凍らせる作業をして、アイスワインのように凍ったブドウを潰して搾汁しています。

中国ワインのサプライズ

中国ワイン1.jpg 中国ワイン2.jpg

 




この2本は参加者の方で中国語がわかる方が見えましたので、ぜひどういった内容のものか聞いてみようということで、追加されたワインです。
結局品種などは分からず、おまけに保存状態が悪かったおかげで、しょうゆのような香りがしておりました。実際の品質がわからなかったのは非常に残念でしたが、劣化したワインがこんな味になるんだという経験にもなりました。いつかまた中国産ワインを味わいたいです。

013.jpg
今回のチーズはガレ・ド・ラ・ロワール(左上)、ランカラ(中央上)、サヴール・デュ・マキ(右上)、
エーデルピルツケーゼ(左下)、プーリニィ・サン・ピエール・フェルミエ(右中央)、
ペアッサーノ・スタジオナート(右下)
それとお客様の差し入れで、和風おこわとスペインの生ハムです。
そのほかにも殻付きアーモンド、クラッカーなどもいただき楽しいワイン会を開くことが出来ました!

次回は6月25日(月)に開催予定ですので皆さんぜひ参加してみてくださいhappy01


今月のイベントのご案内

SEASONAL(シーズナル) CHEESE(チーズ)を楽しむ教室(きょうしつ)

4月14日(土) PM15:30PM17:30

【参加費】3,500円  

【参加人数】10名様前後

【内容】季節に応じて旬のある世界各国のナチュラルチーズを味わいながら勉強する会です。

    チーズに合う飲み物や、チーズを使った料理など幅広くチーズを楽しむチーズファンのための教室です。

 ワインは出しませんので、アルコールが飲めない方でもお気軽に参加できます。

WINE(ワイン) BEGINNER(ビギナー) SEMINAR(セミナー)

4月21日(土) PM15:30~PM17:30   

【テーマ】「ヨーロッパのワイン  ドイツ・イタリア・スペインなど」

【参加費】3,500円    

【参加人数】10名様前後

【内容】年12回でワインを知るという内容です。ワイン初心者の方や、これからワインを飲んでみたい方、ワインは好きだけど知識を増やしたい方などに向けてのワイン基礎講座です。

数種類のワインをブラインドでテイスティングしながら、ワインを味わい、ワインの特性や産地、造り方などを勉強していきます。食事はありませんが、チーズとパンをお付けします。

EMUSICA(エムジカ) WINE(ワイン)CHEESE(チーズ) RARE(レア) CLUB(クラブ)

4月23日(月) PM19:00PM22:00

 【参加費】2,000円 

 【参加人数】希望者の限りです。(制限は今のところありませんが最低4名からで開催します。)

 【条件】参加者お一人様につき3,000円以内のワインを1本ご持参ください。銘柄、タイプは問いません。

      ※ワインの状態(澱があるもの、適正温度でないもの)や当日持ち込めない方は事前にお預かりいたします。

 【内容】ワイン愛好家達で集うワインの飲み会です。EMUSICAの定休日に行いますので、お店を使って

たくさんのワイン好きの方と交流したいという会です。誰でもお気軽に参加ください。

特殊なワインや家にある開けられないワインを是非この場に持ち込んで、皆さんで楽しく味わいましょう!

簡単なおつまみとチーズをご用意いたします。

 

透明水彩画教室

4月9日(月)、23日(月) AM10:00PM12:00

【参加費】1,800円

【講師】鈴木 多技子 先生

 

鉛筆スケッチ画教室

4月3日(火)、17日(火) PM15:00PM17:00

【参加費】1,500円

【講師】片桐 幸行 先生

各イベント参加者を募集しております。


WINE&CHEESE RARE CLUB@2.27

こんにちはriceball
最近ワインイベントの詳細記事がなかなかアップ出来ていません。
気になっている方々にはご迷惑をおかけしております。
過去の分も時間を見つけ載せるように努力します。

さて、今回2月27日にやりましたRARE CLUBですが、なんと6名と少数でしたweep
ちょっと盛り上がりに欠けてしまう感じもありましたが、でもワインの内容も素晴らしく、気が付くと
終電の時間が迫るほどでしたtrain

さらに、当日は私が朝から体調にすぐれず、二日酔いのように頭が痛く、家で寝込んでおりました。
ワインを飲むなんて考えられないくらいでしたが、不思議なことにあと1時間というくらいで体調が
みるみる回復していき楽しい会を送ることが出来ましたnote

では今回登場したワインをご紹介いたします。

Vidigal.jpg
Vidigal Vinho Regional Lisboa White Sparkling Wine'07
ポルトガル産のスパークリングワインです。
産地はエストレマドゥーラ地方で、ブドウ品種はアリントとフェルナンピレスが半分ずつのブレンドで、
瓶内2次発酵で造られています。
ポルトガルのスパークリングは初めて口にしましたが、しっかりとした泡立ちで、飲み口がやさしく
和食に、特に日常の食卓でふるまえる飲みやすさが好評でした!

コスメ・パラシオ.jpg
Cosme Palacio Viura Blanco'08
スペインのリオハで造られる白ワインです。
ブドウ品種はヴィウラとガルナッチャのブレンドです。
フレンチオークの新樽で約6か月熟成されるそうです。
色はゴールドで香りは火打石のような香りが印象的でした。
味わいは、不思議な味でした...フルーティーとかではなく苦味というか爽やかなイメージでは
ありませんでした。
CAVAの使用品種であるけど、そのイメージとはちょっと違っていました。

カナワイナリー.jpg
Kana Winery Masterpiece'07
アメリカのワシントン州にあるヤキマヴァレーの白ワイン。
使用されるブドウ品種はヴィオニエ62%、ルーサンヌ26%、マルサンヌ12%とフランス、ローヌの
ブレンドそのものです。
私がイメージしていたアロマティックで優しいヴィオニエとは違い、どことなく骨太なイメージが強かったです。
もしかすると4割を占めるルーサンヌとマルサンヌのキャラクターが、表に出ていたのかもしれません。
調べてみると、ルーサンヌとマルサンヌはフランス産オーク樽で熟成し、シュールリーまでしているようです。
その反面、ヴィオニエはステンレスタンクでの熟成であっさりなイメージに仕立てられているそうです。

ケーヴスプリング.jpg
Cave Spring Niagara Peninsula Gamay'08
カナダ産でガメイ種を使った赤ワイン。
これには皆さん驚いていました!というのもやはりガメイはボージョレーのイメージが強く
軽やかで、甘いフルーティーな香りが漂うものだと思い込んでいたからです。
そもそもカナダでガメイが造られていることにも驚かされましたが、その品質にも納得の味わい!
ややスパイシーで、色調もやや濃く、しっかりとした味わいで絶賛でした!

ネーロ・ペル・センプレ.jpg
Pratello Nero per Sempre'09
イタリアのロンバルディア州の赤ワインです。
ブドウ品種はレボという変わった品種で、テロルデゴとメルローの交配品種になります。
ネーロ・ペル・センプレとは黒い長い時間と訳すように、約1か月間ブドウを木箱に入れて
陰干しさせ、糖度が高まった状態で発酵させるため、アルコール度数が15.5%もありました。
とてもなめらかな口当たりで非常に飲みやすく、干したプラムやブルーベリーのジャムのような
ニュアンスがあり、とてもおいしかったです。ちなみにビオワインでした。

Le Pech Abuse.jpg
Le Pech Abuse'05
フランス 南西地方にあるビュゼで造られる赤ワイン。
ブドウ品種はメルロー、カベルネ・フラン、カベルネ・ソーヴィニョンでボルドースタイルのビオワイン。
とてもしっかりした造りで、安定した味わい。バランスがとてもよく、心地よく飲めたワインでした。
エチケットは娘さんが手掛けたそうで、テントウムシが書かれているあたりに自然派ワインの作り手
というのが伺える気がしますね。エチケットのような元気のある味わいでした。
CHEESE
001.jpg
三良坂フロマージュ フローマジュブランみかん(左上)
シュブレット デュ ポワトゥ(左下)
コンテス ドゥ ヴィッシー レ クリュ ミニ(右上)
ブル デル モンチェニッジオ(右下)
クール ド ティエラッシュ(中央)


新作パスタ

こんばんはdrama
最近は少し暖かさを感じるようになりましたねsun
そうなるとどうしても体が何かを求めて動きたい衝動にかられます。
やはりそういった意味では「春」って新しいスタートにもってこいですsign03

さて、本日も新作パスタを作りましたのでご紹介いたします。
桜えびペペ.jpg
桜えびと水菜とアスパラのペペロンチーノ
徐々に春の食材が現れはじめます。
彩りもよく、食欲をそそられますね。
ペペロンチーノの中に生の桜えびと水菜とアスパラを入れて作り、仕上げにフレッシュの水菜を
たっぷりのせて、最後に香ばしく素揚げした桜えびを振りかけましたhappy02
水菜と桜えびの歯ごたえと香ばしい香りがたまりませんfuji
4月からのラインナップですが、先行でスポット商品として顔を出しておりますので
是非ご賞味下さいませ。
辛口のイタリア白ワインとの相性はばっちりですgood


<<前のページへ4567891011121314

アーカイブ

このページのトップへ